合宿免許で普通自動二輪の免許を最短で取得しよう

普通自動二輪の免許を取得するために、教習所を卒業するのにかかる期間は、通常の教習所でも早ければ10日ほどです。もちろん、これは毎日通うことが可能な人限定の話で、仕事や学校に通っている人にとっては、この期間で終わらせることは難しいでしょう。また、都市部にある自動車教習所は予約を取るのが難しいので、その分時間もかかります。
そこで、本当に最短で普通自動二輪車の免許が欲しいというのであれば、合宿免許で取得を目指すのが良いでしょう。普段仕事や学校で定期的に通うことが不可能である人でも、長期休暇の時期であれば、まとまった期間を教習に充てることができます。中には、長期休暇中にわざわざ地方まで行き、合宿で免許を取得しなくても、地元の教習所で集中的に教習を受ければよいのではと考える人もいるでしょう。しかし、上述のとおり、都市部の教習所は教習を受ける人が多いので、予約を固めてとることが難しくなっています。特に、長期休暇中は、利用する人がいつもより増える関係で、より予約が取りづらくなってしまいます。その点、合宿免許は、最短で免許を取ることを予定されて日程が組まれているので、教習を予約したいけれど埋まっていて教習が受けられないという心配もありません。
以上のことから、最短で普通自動二輪の免許を取得したい人は、合宿免許を活用するとよいでしょう。必要な費用は、自動車免許の半分ほどの、10万円程度となっています。